スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改正省エネ法案に対して

経産省と国交省とが作成した「改正省エネ法基準案」が公開されました。

条文は難解で、理解に苦しむ書き方がしてありますが、簡単に言えば

『断熱材をたっぷり使って、窓はなるべく小さく。室内環境はエアコンで調整して行きましょう!』

的な内容になると思います。

何が問題なのかというと、日本の伝統建築の代表でもある 土壁がなくなってしまう 事です。

土壁は、調湿、蓄熱性能を有し、その上生産時、廃棄時共に 環境に負荷をかけない 素晴らしい建築素材です。

日本の気候に最も順応する効果は、現存する数百年経った伝統的な木造建築を見れば明らかです。

国の目指す「省エネ住宅」は石油製品を多用します。

それは生産、廃棄時に膨大なエネルギーを消費し、エアコンなどの家電製品のフル稼働で環境負荷をかけ続けます。


我が家はエアコンなしの 伝統的な土壁の家ですが、夏は扇風機と網戸からの自然の風で乗り越えているし、冬は薪ストーブで温かく生活しています。地元の森林も守りながら、環境負荷の少ない、エコ生活をしていると自信を持っています。

しかし、この基準案が通ってしまうと、この暮らし方から家の造り方まで エコではない と言われてしまいます。

地域や住まい方で、それぞれ省エネ方法は変わってきますが、国の考え方には

『大手ハウスメーカーの生き残り』

『家電メーカーの売上倍増』

『消費電力の益々の上昇』を企んでいる意図が丸見えです。



情けない話ですが、唯一の救いは まだ「基準案」である事です。

今、自分に出来る事は、『その案はここがおかしいんじゃない?』とコメントする事しかありません。

先ほど3つの意見にまとめて投稿しました。

蚤の毛ほどの小さな抵抗ですが、国の勝手な利己主義にはもううんざりです。


木の家ネットのサイトに詳しい内容が書かれています。

興味のある方は、ぜひ見てください。

職人がつくる木の家ネット から 木の家ニュースより
【重要】11/7締切 改正省エネ法案に対し、 パブリックコメントを出しましょう!
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。