実験参加

先日3日間に渡り、兵庫県のE-ディフェンスへ行って来ました。

伝統的な構法で建てられた実大の木造建築物を、大きな加震装置の上に乗せて色々な振動を与え、大地震時の挙動への影響を検証する実験のお手伝いです

詳しくはこちら

実大振動台実験


P1030289.jpg壊すのがもったいない程、綺麗丁寧に造ってあります。

P1030280.jpg加震後建物の隅々まで挙動や変形、損傷を観察します。


あくまで個人的な感想ですが、巨大地震(神戸波)の加震でギシギシと大きく揺れるものの、土壁の粘りと柱脚の滑りが応力を吸収し、構造体に重大な損傷は見られないと感じました。

これは今後、学者のみなさんの解析で明らかになっていくと思いますが、現行の建築基準法で制限されている多くの事の見直しが期待できる実験結果だったと思います。

また、実際に実験に立ち会うことで、今後の家づくりに活かせる事が沢山吸収できました。

今回も実験参加に声をかけていただいた滋賀の宮内棟梁をはじめ、全国各地の研究者、設計士、大工の皆さんと色々な話ができて、本当に有意義な3日間でした。

ありがとうございました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-